お子さんが小学校に上がる前に家庭で取り入れたい学習法

進んで勉強できる子供になる

>

正しいスマートフォンの使い方

学習を長続きさせる方法

短時間だけ、勉強しても効果は発揮できません。
ずっと継続しないと、賢い子供にならないと覚えておきましょう。
継続させるためには、アプリを使うのが良い方法です。
スマートフォンがあれば、アプリをインストールしてどこでも勉強ができます。
ゲームを進める感覚なので、学習が苦手な子供や、慣れていない子供でも大丈夫でしょう。

アプリは、子供が間違えた問題を何度も出題してくれます。
ですから、苦手の克服に使えます。
得意な問題ばかり解いても、レベルアップに繋がりません。
間違えた問題を復習することで、自分の力になります。
アプリを使っていれば、小学校に上がる頃には、基本的な文字の読み書きや計算ができている状態になるでしょう。

ルールを事前に決めておこう

スマートフォンを使わせると、目や脳に悪影響を与えると考えている親が見られます。
しかしそれは、長時間使わせた場合です。
短時間なら、特に影響はないので安心して使わせてください。
スマートフォンで勉強させるなら、子供とルールの確認を済ませておきましょう。
30分ごとに1時間の休憩を挟む、夜の9時以降は利用しないなどのルールが必要です。

勉強に夢中になるのは良いですが、遅くまでスマートフォンを操作していると睡眠時間が短くなったり、質の良い睡眠を確保できなくなってしまいます。
それが肉体に悪影響を与えるので、スマートフォンの使い方に十分注意してください。
親がしっかり管理している中で、スマートフォンを使わせれば大丈夫です。


この記事をシェアする
TOPへもどる