お子さんが小学校に上がる前に家庭で取り入れたい学習法

進んで勉強できる子供になる

>

学習法を事前に調べておこう

知育玩具で遊ばせよう

子供におもちゃを与える際は、学習に役立つものが良いでしょう。
知育玩具が販売されているので、小学校に上がる前の子供に与えてください。
最初は使い方が分からなくても、使っているうちに覚えます。
遊びながら学習できるので子供は、勉強は楽しいものだと理解するでしょう。
知育玩具を与えても、なかなか子どもが遊ばないことがあります。

そんな時は、親が率先して遊んでください。
子供は、親のマネをします。
親が楽しそうに遊んでいると、子供も遊びたい気持ちになるでしょう。
一緒に遊ぶことで、子供は楽しいと感じます。
幼い頃から知育玩具で学習させることで、脳が柔らかくなります。
賢い子供に成長するために、脳を柔らかくすることは欠かせません。

対象年齢を確認しよう

知育玩具を与えるのは良いですが、対象年齢をよく見てください。
子供の年齢に合わせて、選択してください。
早く賢い子供に育てたいと焦っている親は、子供の実年齢より上の対象年齢になっている知育玩具を与る傾向が見られます。
ですが、扱いが難しいので子供はうまく遊べません。
何回挑戦しても失敗するので、子供はつまらないと感じます。

すると勉強は楽しくないというイメージを植え付けてしまうので、学習を尽きになってもらうことができません。
きちんと、子供の年齢に合った知育玩具を与えることを守ってください。
今使っている知育玩具を簡単に扱えるようになったら、少し対象年齢が上の知育玩具に挑戦させましょう。
徐々に難易度を上げてください。


この記事をシェアする
TOPへもどる